皮膚移植

タトゥー除去の方法のひとつである皮膚移植のメリット・デメリット、効果などを解説しています。

皮膚移植の特徴

メリット ・比較的広範囲のタトゥーにも対応できる
・方法によっては、境界部が目立たなくなることが多い
・タトゥーの色味を問わない
・1回の治療で除去できる
デメリット ・移植元、移植先に傷が残る
・傷の回復に時間がかかる
治療期間 傷の回復には時間がかかる
こんな方にお勧め ・傷跡よりも、早くタトゥーを除去することを優先する方
・カラータトゥーを入れている方
・切除手術では除去できない大きさのタトゥーを入れている方

自分の太ももやそけい部などから皮膚を削り取って、タトゥーの部分に移植する方法で、比較的大きなタトゥーにも対応しています。

皮膚移植の方法には、「メッシュ植皮」、「分層植皮」、「全層植皮・含皮下血管網植皮」があります。

  • メッシュ植皮は、広範囲の除去が可能。傷跡は網目状に残り、素人目にはケロイドに見えることも。太ももやお尻、背中などに、植皮範囲の半分ほどの採皮の跡がつきます。
  • 分層植皮は、メッシュ植皮よりも狭い範囲での治療に向いていて、傷跡は個人差がありますが、うまくいけば境界部が目立たないことも多々あります。
  • 全層植皮・含皮下血管網植皮は、分層植皮よりもさらに狭い範囲での治療です。中央部分はきれいになることもありますが、境界線は目立つという特徴があります。

皮膚移植の治療の流れ

【1】カウンセリング
切除を併用するかどうか検討し、皮膚移植の範囲をできるだけ狭くするデザインを考えます。

【2】麻酔
局所麻酔を行ないます。状況によっては、鎮静麻酔を併用することもあります。

【3】タトゥー削皮
タトゥーを削っていきます。このとき、皮膚移植を行なわなくても、皮膚が再生できそうな浅さであれば、削皮とレーザー治療に変更することもあります。

【4】移植皮膚採取
特殊な器具を使って、移植する皮膚を採取します。メッシュ植皮の場合、採取した皮膚を、専用の器具でメッシュ状に加工します。

【5】皮膚縫合
タトゥーを削ったところに、移植する皮膚を縫い付けます。

【6】アフターケア
移植皮膚を採取したところと、皮膚を移植したところに軟膏を塗って、採取したところには、人工皮膚を貼り付けます。それぞれガーゼで覆います。

術後は2~3日後、1週間後、2週間後と通院し、傷跡のチェックやガーゼ交換などを行ないます。

タトゥー除去ならここが安心!東京の名医5院はこちら

PAGETOP