レーザー

タトゥー除去の方法のひとつであるレーザー治療のメリット・デメリット、効果について紹介しています。

レーザー治療の特徴

メリット ・除去方法の中では、もっともきれいに除去できる
・傷跡が残らない
・広範囲のタトゥーにも対応できる
・手術をした場合のような日常生活への制限が少ない
デメリット ・通院が必要
・大きさによって時間がかかる
・タトゥーに使用している色(黄色、白などの明るい色)によっては、完全に消えない場合がある
治療期間 3回~5回程度の通院(約1~2年)
こんな方にお勧め ・傷跡が残るのが嫌な方、キレイに取りたい方
・日常生活に支障をきたしたくない方
・タトゥーが広範囲にある方
・体に負担をかけたくない方
・黒一色、または、黒に近い暗い色のタトゥーを入れている方
・比較的時間に余裕のある方

タトゥーにレーザーを照射して、色素を分解し、残った細かい色素粒子を皮膚や皮下組織の新陳代謝によって排出していきます。そのため、色素が薄く、目立たなくなっていきます。タトゥーの除去には、「Qスイッチレーザー」が使用されます。

Qスイッチレーザーは、非常に強いレーザー光を、非常に短い時間照射するものです。強い効果を与えながら、照射時間が短いため、ターゲットの周囲には熱ダメージを与えにくいという特長があります。

Qスイッチレーザーには、「QスイッチYAGレーザー(1064nm)」、「半波長QスイッチYAGレーザー(532nm)」、「Qスイッチルビーレーザー(694nm)」、「Qスイッチアレキサンドライトレーザー(755nm)」の4種類があり、それぞれ波長が異なります。

どのQスイッチレーザーでもタトゥーの除去は可能ですが、波長が長いものほど深達性に優れているため、QスイッチYAGレーザーがもっとも適しているといわれています。

レーザーの治療の流れ

【1】カウンセリング
除去するタトゥーが、レーザー治療に適応しているか、患者の希望も確認しながら、診察・カウンセリングを行ないます。

【2】麻酔
麻酔クリームを塗って時間を置きます。小さなタトゥーであれば、局所麻酔を使用することもあります。

【3】レーザー照射
冷やしながら、タトゥーにレーザーを照射。皮膚の表面が白く反応したり、盛り上がったりします。照射後もアイシングを行ないます。

【4】アフターケア
軟膏を塗って、ガーゼを貼ります。治療後は、数日間、患者自らが行なうケアでもあります。その際、掻いたりこすったりしないようにしましょう。

レーザー照射後、かさぶたができますが、1週間~10日くらいで自然にはがれるので、無理に剥がさないようにしましょう。治療部位は、日焼けをしないように、肌を出す際には、日焼け止めを塗るようにします。

参考サイト:タトゥーのレーザー治療法ガイド

PAGETOP