「生命保険を断られるとは…!」

タトゥーを入れていることで生命保険に入れなかった、あるいはMRIを受けられなかったという経験を持つ人たちの体験談や口コミを紹介しています。

生命保険に入れない!?タトゥーは健康面でも大きなデメリットを生む

「タトゥーを入れていると、生命保険に加入することができない」と言われても、その理由がわからずピンとこない方も多いかと思いますが、これは事実です。

外資系の保険会社の中には、タトゥーを入れていても生命保険に加入できるところもありますが、仮にタトゥーを入れていることを隠して加入した場合には、保険金がおりないこともあるので注意が必要です。

それではなぜ、タトゥーを入れていると生命保険に加入することができないのか?その理由は、社会通念的なものではなく、あくまでも疫学的な理由によります。具体的には、タトゥーを入れている人は疫病、特にB・C型肝炎への感染リスクが高いためです。

同じく健康に関する話題で言うと、タトゥーを入れている人はMRI検査を受けられないことがあります。

こちらの理由は、タトゥーの顔料には磁性体を含むものが多く、この磁性体が皮膚表面にあると、MRIによって渦電流が発生し、火傷をしてしまう恐れがあるためです。

タトゥーを理由に、生命保険やMRIを断られた人たちの体験談・口コミ

「タトゥー=疫病リスクが高いなんて知らなかった!」
生命保険に加入しようとしたら、手続きの段階で加入を断られました。もちろん私自身は健康体で、先日受診した健康診断でも何の問題もありませんでした。

よくよく聞いてみると、若い頃に入れたタトゥーが原因のよう。タトゥーを入れた人は、将来的に内臓を悪くする確率が高いとのことでしたが、何だか納得が行きません。

「外資はOKでしたが、日本の生命保険会社では断られました」
タトゥーの性能も高まり(?)、タトゥーが原因で病気になる可能性はだいぶ低くなっていると聞きます。その証拠に、外資系の生命保険会社ではタトゥーを理由に加入を断るようなことはほとんどありません。

しかし日本の生命保険会社は少し事情が違います。それはおそらく「タトゥー=やくざ」のイメージが強く、たとえば保険金詐欺のようなものも警戒して、加入を断っているのだと思います。

「最新の医療が受けられない…」
とある医療機関でMRI検査を受診しようとしたところ、「タトゥーをしていると、その成分である金属が影響して、正しい検査結果が得られない」という理由で、受診を拒否されました。

MRIは言うまでもなく、脳卒中を始めとしたさまざまな病気を事前に発見することのできる優れた検査方法です。タトゥーが原因でそれが受けられないというのは、人生における大きな損失とも言えると思います。

タトゥーを後悔している方へ タトゥー除去の名医がいる東京のクリニック5選

タトゥー除去ならここが安心!東京の名医5院はこちら

PAGETOP