タトゥー除去あんしんクリニックNavi

基本情報からクリニックまでタトゥー除去のすべてがわかる

タトゥー除去ならここが安心!東京の名医5院はこちら

サイトマップ

タトゥーを入れて後悔してしまう理由とは?

ここでは、タトゥーを入れて後悔している人たちの実態と、その理由について紹介しています。

…諦めなくても平気かも!? 3,000円から治療できるタトゥー除去クリニック>>

タトゥーを入れた方の多くが後悔しているのはなぜか

タトゥーを後悔している画像

今やファッションのひとつとしてメイク感覚でタトゥー楽しむ方が増えています。しかしタトゥーとメイクが決定的に異なるのは、いざ「タトゥーを消したい」と思っても、メイクのようには簡単に落とすことができない点です。

若いうちは良いかもしれませんが、就職、結婚、育児などのタイミングで「タトゥーを消したい」と思う時期は必ずやってくるはず。そして、そのときになって初めて「タトゥーなんて入れなければ良かった」と後悔することになるのです。

特に女性の場合は悩みも深刻。「女性の悩み」について特集した某番組でも、「タトゥーを入れたことを後悔している」という悩みがTOP10にランクインしていました。

そうした女性たちが今こぞってクリニックに通って、タトゥー除去のための手術を受けています。聞くところによると、クリニックによっては月に100人を超える患者が訪れることもあるとのこと。

冒頭でも述べたとおり、タトゥーは簡単には消すことはできませんので、「タトゥーを消したい」と思ったら、早めにクリニックに相談されることをおすすめします。

私だけじゃない!80%以上の人がタトゥーを後悔

タトゥーを入れたことを後悔している人の割合はなんと80%以上。特にこれから結婚や出産を迎える30代以上で高い値が出ています。また、タトゥーを入れている人をどう思うかというアンケートでは、40%近くの人が「不快に思う」という回答に。10人いれば4人の人がタトゥーを快く思っていません。

そうした周りの無理解に悩み、タトゥーを入れなければ良かったと思う人がたくさんいるのです。ファッションの1つとしてタトゥーを入れた人や、強い思いを残そうとタトゥーを入れた人もいるでしょう。その時はまさか後悔する時がくるとは思っていなかったはず。ですが、実際にタトゥーがあるから人生が上手くいっていない現実があるんですよね。就職や結婚、出産といった人生のターニングポイントでタトゥー問題に直面することが多いようです。

どうしようか悩みいつまでも落ち込むのではなく、クリニックや専門機関でタトゥー除去してもらいましょう。一歩踏み出すことで、新しい未来が開けるはずです!

タトゥーを後悔している人の口コミ

娘のためにと言われて

娘が生まれたとき、旦那の父親に「消した方がいい」と言われて、悩みました。思い入れもあり、長年付き合ってきたタトゥーです。でも、私の1人の気持ちを優先させたばっかりに、娘がいじめにあってしまったら…と思い、消す覚悟をしました。自分ではなく娘に嫌な思いをさせてしまうかもしれない可能性は残しておくべきではないと思います。

家族への説明に困るという声は非常に多い

タトゥーを後悔している人の口コミを調べた結果、家族への説明に困るという意見が多く見られました。特に子供を授かった方の後悔は大きいようです。
子供にプールへ行きたいとせがまれても多くのプールではタトゥーを禁止しています。親子で仲良く温泉旅行へ出かけたとしても、多くの宿泊施設ではタトゥーが入っている人の入浴を禁止しています。子供と気軽に銭湯へ出かけることもできなくなってしまいます。
もちろん、ラッシュガードなどでタトゥーを隠しプールへ入ることは可能ですが、タトゥーの大きさや位置によっては、それも難しくなってしまいます。
何より、幼い子供に「ほかのお母さんと違う」と思われてしまうことは非常に悲しいことですね。
子供の学校のイベントなどでも同様の問題が考えられます。ほかのお母さんは半袖で涼しげな格好をしているのに、自分のお母さんだけ長袖で暑苦しい格好をしていては子供に申し訳なく思ってしまいます。

また独身の方や、子供がいない人も、同様に家族への説明に困るケースは多いようです。特に両親に内緒でタトゥーを入れてしまった場合の説明には困ります。
親には内緒にしている方も多いと思いますが、夏場など薄着の季節には、思いもよらずタトゥーを入れていることを親に知られてしまうケースが考えられます。
ある程度、タトゥーに理解がある親であれば大きな問題にはならないかもしれません。しかし、日本ではまだまだタトゥーに対する抵抗が強いのも事実です。自分の子供がタトゥーを入れていることを知り落胆する親は決して少なくありません。
軽い気持ちで入れたタトゥーが自分の親を深く傷つける結果になってしまうのです。

職場の人に知られたらクビ確実なので

職場の人に知られないように気をつかっています。毎年、会社の人たちで泊りがけの旅行があるのですが、温泉なので断り続けているんですよ。その度にバレないかとヒヤヒヤしてるので、タトゥーを入れなきゃよかったと思います…。

タトゥーがあることで職場でも気を使う

タトゥーを後悔している人の口コミでは、職場で気を使うという声も多く聞かれました。就業規則でタトゥーを禁止と明記している会社も少なくありません。タトゥーを入れていることが職場に知られることで、最悪の場合、職を失う可能性も多いにあります。大阪市役所でタトゥーを入れた職員が、市民と接することのない部署へ配置転換された事例もありました。
特に接客業や営業職の場合、タトゥーが入っていることにより、お客様に対し威圧感や恐怖感を与えてしまう可能性がありますので、非常に気を使う必要が出てきてしまいます。

しっかりとタトゥーを隠しているつもりでも、見つかるときには見つかります。特に制服の着用が義務付けられている場合、冬服ならまだしも、半袖の夏服になるとタトゥーを隠しきれない可能性も十分にあるでしょう。
社内の温泉旅行や、健康診断などでもタトゥーが職場の人に知られてしまうリスクは高くなります。せっかく充実した社会人生活を送っているにも関わらず、タトゥーの影響で職を失ってしまったり、不利益を被ることは非常に悲しいことですね。

旅行へ行ったとき

温泉に入れない!

家族で旅行に行ったとき。タトゥーが入っていることを理由に私だけ温泉に入れませんでした。家族旅行だったので、あまり責められることはありませんでしたが、これからこういうシーンが増えるのだと思うと恐ろしくなりました。普通に一般企業に就職したいのですが、タトゥーが入っていると社員旅行などでも一人だけお風呂に入れないとなれば、人間関係にも影響が出てしまいます。気兼ねなく旅行をするためにも、タトゥーは消したほうがいいですね。

好きな服が着られない

若気の至りで入れたタトゥー。何年も経つと、色も褪せてきて、みすぼらしい見た目になってしまいました。加えて、当時と今の服の趣味が変わったことから、好きな服が着られません。隠せばいいのですが、ビーチやリゾートに旅行に行く際にはどうしてもタトゥーを露出せざるを得なく…。旅行先で好きなオシャレができないだけでもテンションが下がります。また、タトゥーが入っているから…と温泉旅行などは諦めなければなりませんし、旅行の行き先にも制限が出ていいことなし。つくづくタトゥーは入れるものではないと思います。

入国審査で引っかかった

日本人でタトゥーを入れていると、ヤクザの人というイメージが海外ではあるようです。大きめのタトゥーを腕に入れているため、一度入国審査で引っかかってしまいました。毎回タトゥーチェックがあるわけではないようですし、たまたまガラの悪いファッションだったこと、強面なことなども原因だったのかもしれません。私の場合は、止められて質問された程度ですみました。ただ、後からいろいろ調べてみると、入国拒否されることもあるようです。隠せば問題ないとはいえ、毎回タトゥーが原因でヒヤヒヤするのは嫌なもの。消したほうがいいな、と思ったきっかけになりました。

スポーツをするとき

ジムの入会を断られました

20代の頃に入れたタトゥー。職場ではなんとか隠して仕事ができていました。30代に入り、下っ腹が出てくる、メタボと診断されるなど運動不足を気にする機会が増え、スポーツジムに入会。さあ、これで痩せて若い頃の体形を取り戻すぞ!と思った矢先に、ジムのスタッフからタトゥーがあることを理由に退会するように言われてしまいました。 それ以来、タトゥーがあっても入会できるジムを探していますが、ほとんどのジムがタトゥーNG。結局夜、こそこそと近所をランニングするしかありませんでした。

職場のクラブに誘われているけれど…

もともと体を動かすのが好きで、学生時代の仲間とフットサルをしていました。当時はタトゥーがあっても、友人なのであまり奇異な目で見られることもなく、「温泉行けないな…」程度にしか考えていませんでした。

社会人になり、就職した職場の上司からフットサル経験があることから社会人チームに誘われています。今の職場ではタトゥーを入れていることを打ち明けておらず、フットサルに入ってタトゥーがバレたらクビになるのではとビクビクしています。だからと言って、上司の誘いを断ることもできず。タトゥー除去を決意しました。まさかこんなところでタトゥーが人生を脅かすことになるとは思っていませんでした。仕事は辞めたくありませんし、これからのことを考えれば、タトゥーは消したほうが賢明ですね。

家族ができたとき

娘のためにと言われて

娘が生まれたときに、義父から「子供がいじめにあうかもしれないからタトゥーを消したほうがいい」と言われました。

タトゥーそのものには思い入れもありましたし、長年身体の一部のようになったタトゥー。消すべきかどうか迷いましたが、「私一人の気持ちを優先させた結果、娘がいじめや陰口などで悲しい思いをしたらそのほうが辛い」と思い、消す覚悟を決めました。タトゥーは自分だけでなく、家族にも影響が出るかもしれないのだ、とそのとき痛感しました。

子供とプールや旅行に行くために

若い頃に留学先でタトゥーを入れました。当時は当たり前のように思っていましたし、結婚するときも夫は「いいんじゃない」と寛容でした。でも、子供ができて一緒にプールや旅行に行こうと思ったとき。どうしても子供のお友達のママからの目が気になってしまい、ラッシュガードを着たり、水に入らないようにしたりしていました。とはいえ、温泉旅行など子供連れのお出かけで裸になる機会は多く、隠しきれないと感じるようになりました。変な噂が出て、子供がいじめにあわないように、タトゥーを消しました。

タトゥーが原因で結婚を反対された

同じ世代の人たちの間では、タトゥーに関する理解は進んできましたが、やはり親世代には受け入れがたいようです。結婚を決めて、彼のご両親に挨拶に行ったとき。腕に入ったタトゥーを見られてしまい、結婚を反対されてしまいました。実の親からもタトゥーは結婚するなら消すべき、と強く言われています。ウェディングドレスもタトゥーを隠せるデザインのものは限られますし、タトゥーを他の親戚が見たらまた何か言われるかも…と思うと、やはり消したい、と思うようになりました。

仕事関係で

就職活動の足かせに

海外旅行に行った際に、ノリでタトゥーを入れてしまいました。大学時代の若気の至り、とはいえ就職活動の大きな妨げになっています。大手企業はもちろんバレたら就職できませんし、万が一入社後にバレたことを考えると、怖くて就職試験に申し込めません。正社員として働きたいと思っているので、就活を今後続けていくためにもタトゥーは消そうと思います。将来きちんとした会社に就職したいなら、タトゥーは入れるべきではないと痛感しました。

タトゥーがバレて異動に

腕に少し大きめのタトゥーを入れていました。スーツを着れば隠れることもあり、希望する会社に無事就職できました。タトゥーがあってもなんとかなるものだ、と思っていたのも束の間のこと。研修旅行でタトゥーが上司にバレてしまい、クビにはなりませんでしたが、関連子会社にとばされてしまいました。出世はこれで絶望的。今後タトゥーがあることでどんな壁が立ちはだかるのか考えると、不安で仕方ありません。

就ける仕事が限られます

最初に就職した会社は、ガテン系だったこともありタトゥーがあっても何も言われませんでした。ただ、自分のキャリアをもっと築きたいと転職を決意したとき。タトゥーがあることがどれだけ就職の妨げになるか実感しました。バレなければなんとかなるのでは、と思いつつも、タトゥーが入っているという引け目があるので面接でも自信が持てず…。 タトゥーがあっても働ける仕事は希望の職種ではありませんし、非常に不自由を感じ、一念発起してタトゥーを消しました。

人間関係で

恋人にフラれました

おしゃれだと思って入れたタトゥー。結婚を考えている恋人に見せたところ「タトゥーを入れるなんて信じられない」と振られてしまいました。彼としては、子育てをすること、両親の反応などを考えていなかったのか、という意見のようです。確かに、言われてみればこれからのことを考えれば、タトゥーはないほうがいいですよね。入れたタトゥーは一生消えないし、消すとしてもお金がかかります。入れるのは簡単ですが、とるのは難しいと知り、後悔しかありません。

タトゥー=軽薄というイメージが

タトゥーを入れている人は怖い人、というイメージは一昔前より少ないのかもしれません。ただ、タトゥーを入れることで被る就職や、結婚などの不利益を考えると「それでもタトゥーを入れる人は軽薄な人間だ」というイメージを持つ人が多いようです。仕事をする上でも、会社はタトゥーが入っているからクビ、ということはありませんでしたが、軽い人間とみられ、責任ある仕事を任せてもらえません。恋人を作る上でも、タトゥーが入っている時点でひかれることが多く、つくづく入れるものではないと感じています。

家族から怒られました

親にタトゥーを入れたことがバレ、父親からは「消さないなら勘当する」と言われています。特に上の世代の人たちにとって、タトゥーを入れるなんてヤクザのすること、という考えはまだまだ根深いようです。確かに周囲からはタトゥーを入れるなんて、と言われることも多いです。また、子供と一緒にお風呂に入ると「身体に絵を描いているの?」と聞かれ、教育上よくないな、と。子供の将来のためにも消すべきだと思い始めています。

タトゥーを後悔している人の口コミはまだまだある

紹介した口コミ以外でもタトゥーを入れたことに後悔をしているという声は非常に多く聞かれました。

タトゥーは恥ずかしい

若気のいたりでタトゥーを入れたことに後悔をしている人は多いようです。若い頃は「かっこいい」という気持ちだけでタトゥーを入れてしまったものの、年を重ね、一般常識を学ぶうちにタトゥーを入れていることを恥ずかしいと感じるようです。
また、施術した直後は色鮮やかで綺麗なタトゥーも年齢を重ねるごとに、色褪せてきます。肌の質や体系も変わってきますので、デザインが不恰好なタトゥーに変化を遂げることもあります。色褪せ、不恰好なタトゥーを人目に晒すのは非常に恥ずかしいことです。

将来に不安を感じるようになる

タトゥーを入れたことにより、自分の将来に不安を感じてしまう人も多いようです。タトゥーがあることで、就職先は間違いなく限られてきますし、大企業への就職は絶望的とも言えます。学生やフリーターなどであれば大きな問題にならないタトゥーでも、いざ正社員として就職を考えると、タトゥーの有無で自分の進路が大きく変わってきてしまうのです。
タトゥーを入れていることで将来に不安を感じていたり、どうしても働きたい企業があるのであれば、いち早くタトゥーを消すことが最善の選択かもしれません。

友好関係に問題が生じる

世代を問わずタトゥーに対する偏見は強いため、タトゥーを入れていることで友好関係に問題が発生することもあります。例えば、タトゥーを入れたことで、仲の良い友人を失ってしまうこともありますし、タトゥーを入れていることにより、人に紹介してもらえないケースもあります。

タトゥーを入れたことを後悔している人の口コミを集めましたが、理由はさまざまながら多くの方がタトゥーを入れたことに何かしらの後悔をしていることが分かりました。
次の項目では、もう少しだけ、タトゥーを入れたことで被る不利益を紹介します。

タトゥーを入れていると多くの不利益を被ることに…

欧米ではごく当たり前のタトゥーですが、「刺青=やくざ」のイメージが根強い日本にあっては、いくら「タトゥーはファッション」とは言っても、心理的になかなか受け入れにくいものがあるのも事実です。

特に年齢が上がれば上がるほどタトゥーに対する嫌悪感は強く、就職や出世の際に不利に作用したり、あるいは相手の両親から結婚を反対されるといったケースも珍しくありません。

また、そうした心理的な抵抗感・嫌悪感だけでなく、タトゥーを入れていることによって現実的・実際的な不利益を被ることも少なくありません。

たとえば、温泉・サウナ・プールなどでよく目にする「刺青・タトゥーのある方の入場はお断りします」という注意書きもそのひとつ。

参考:国土交通省 観光庁:入れ墨(タトゥー)がある方に対する入浴可否のアンケート結果について 2015/10/21

その他にも、スポーツクラブなどでも入会を拒否されることが多いですね。

あとはあまり知られていませんが、タトゥーを入れていると、生命保険に加入できないケースがあります。というのも、タトゥーを入れることでB・C型肝炎などの病気への感染リスクが高まるためです。

同じ健康ネタで言うと、顔料の成分が検査に影響を及ぼしてしまうため、タトゥーを入れている人はMRI検査を受けられないこともあります。

諦めないで!タトゥー除去って実は意外と手軽!

タトゥー除去と聞くと、なんだかとても大変な手術が必要だと思っていませんか? タトゥー除去術にはメスを使った除去術と皮ふを切らずに済むレーザー除去があります。レーザー除去は皮ふを切らないで済むので縫合した跡がつきません。「レーザー除去はやけど跡が残ってしまう」という話もありますが、腕の良いクリニックや安全な機器を揃えているところならキレイに消してもらえますよ。

ただし、レーザー照射は肌に負担がかかるので、数回に分けて治療が行われることがほとんど。数カ月おきの施術になります。ですが、クリニックの使用機器によっては、もっとスピーディーに消すことができますので、タトゥー除去を決めたさいには施術間隔も気にしてみてくださいね。

タトゥーを入れている皮膚ごと切り取る切除手術には高額な治療費がかかります。いきなり高額なタトゥー除去術の前に、レーザー除去の効果がどのくらいなのか試してみてはいかがでしょうか。クリニックによっては1cm×1cmのサイズなら3,000円から消せるタトゥー除去のキャンペーンがありますよ。

じっと悩んでいるより、小さな一歩を踏み出してみませんか? タトゥーは消したり薄くしたりすることは可能です。後悔も一緒に消えてくれるはずですよ。

…諦めなくても平気かも!? 3,000円から治療できるタトゥー除去クリニック>>

体験者に聞く、タトゥーのホントのところ

以上、タトゥーを入れて後悔している女性が非常に多く、クリニックでタトゥー除去のための手術を受ける人が急激に増えている実態について、簡単に見てきました。

ここでは、そうした人たちの「生の声」を集めて、タトゥーを入れて後悔した理由や、タトゥーを除去した後のことなども紹介していますので、もっと詳しく知りたいという方は、以下のページも是非参考にしてみてください。

「タトゥーの事で結婚を反対されています」

タトゥーをつけるときは、やはり人にもタトゥーを見せたいという気持ちもあり、意外に目立つところにしてしまっている人が多いようです。特に、10代でタトゥーを入れた人たちは、親や年上の人への反抗から、親世代がタトゥーを嫌がっていることは承知の上で、タトゥーを入れてしまったのです。

親世代が忌み嫌うタトゥーですから、当然パートナーの両親には見せたくありません。結婚式でドレスを着たらパートナーの両親に見られてしまいます。そのために結婚式を挙げられないという人もいます。

一方、両親に見られてしまって結婚を反対されているカップルもいます。反対されているのは、女性のタトゥーだけではもちろんありません。男性のタトゥーも、当然、女性の両親にとっては喜ばしいことではありませんし、信頼できる男性かどうか、疑問を持ち、結婚を反対する場合が多いのです。そのように結婚を機にタトゥーを後悔している人がたくさんいます。

結婚に関連して後悔している人の口コミを紹介します。

「タトゥーの事で結婚を反対されています」

「生命保険を断られるとは…!」

生命保険に加入する場合、自己申請する要件がいくつかあります。がんにかかったことがあるなどの病歴やタバコを吸っているなど、これから病気で死亡する可能性を確認するための項目ですが、生命保険によっては「タトゥーや刺青をしている。」という項目があるところがあります。自己申請ですが、あとでタトゥーがあることがわかった場合、保険金がおりません。

また、生命保険を契約したあとで、タトゥーを入れても保険金が支払われなくなる場合もあります。生命保険の契約ができないと、不動産をローンを使って購入することもできなくなります。若いうちは生命保険とは、関係のない生活をしていたとしても、結婚したり、子供ができたりすると、生命保険、医療保険に入れないことは大きなデメリットです。家族の将来を考えて、後悔する人が多いようです。

タトゥーで断れるのは生命保険だけではありません。病気を早期発見するために利用されるMRI検査も、受け入れてもらえません。MRI検査は磁気を利用して体の内部まで、映し出すシステムですから、金属製のもの、例えば、アクセサリーやブラジャーなどの留め金などは外さなくてはいけません。

10年前までは、女性の体内に装着していた避妊リングも問題でしたが、最近ではリングの種類が変わり、リングを装着していてもMRI検査が受けられるようになりました。しかし、タトゥーの場合、放射線医学総合研究所病院「画像診断について」にも記述されているように、皮膚の表面に金属製の染料を使っているのでMRI検査ができないということです。年齢が上がって、健康や家族のことを思い、後悔している人が増えています。

なぜ、生命保険やMRI検査で断られてしまうのでしょうか?!

「生命保険を断られるとは…!」

タトゥーを入れて後悔した理由とは?

実はまだまだ、タトゥーを入れて後悔したという人がたくさんいます。意外に多いのがアートメイクをしてしまって、後悔している人たちです。アートメイクはアイラインや眉に入れると、メイク時間が短縮できたり、プールやスパに行っても眉やアイラインが消えないので、比較的気軽に入れてしまいます。

しかし、メイクは時代とともに変化するので、昔のメイクのままですと、なんだか古臭い顔に見えてしまい、コンシーラーなどでカバーして、その上からメイクをしなくてはならず、後悔しているようです。そのほかにも流行に関わるタトゥーで後悔している人がたくさんいます。どのような理由で後悔しているのか、さらに詳しく説明していきます。

タトゥーを入れて後悔した理由とは?

 

後悔までも消し去ることができる…タトゥー除去の名医をお探しの方はこちら!

タトゥー除去ならここが安心!東京の名医5院はこちら

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニック

費用:3,000円~
(QスイッチYAGレーザー 1cm×1cm)


秋葉原中央クリニック

秋葉原中央クリニック

費用:7,500円~
(ピコレーザー 1cm×1cm)


東京美容皮膚科

東京美容皮膚科

費用:98,000円~
(QスイッチYAGレーザー 5cm×5cm)

コンテンツ一覧

PAGETOP