タトゥー除去あんしんクリニックNavi

基本情報からクリニックまでタトゥー除去のすべてがわかる

タトゥー除去ならここが安心!東京の名医5院はこちら

サイトマップ

タトゥーを入れて後悔してしまう理由とは?

ここでは、タトゥーを入れて後悔している人たちの実態と、その理由について紹介しています。

タトゥーを入れた方の多くが後悔しているのはなぜか

今やファッションのひとつとしてメイク感覚でタトゥー楽しむ方が増えています。しかしタトゥーとメイクが決定的に異なるのは、いざ「タトゥーを消したい」と思っても、メイクのようには簡単に落とすことができない点です。

若いうちは良いかもしれませんが、就職、結婚、育児などのタイミングで「タトゥーを消したい」と思う時期は必ずやってくるはず。そして、そのときになって初めて「タトゥーなんて入れなければ良かった」と後悔することになるのです。

特に女性の場合は悩みも深刻。「女性の悩み」について特集した某番組でも、「タトゥーを入れたことを後悔している」という悩みがTOP10にランクインしていました。

そうした女性たちが今こぞってクリニックに通って、タトゥー除去のための手術を受けています。聞くところによると、クリニックによっては月に100人を超える患者が訪れることもあるとのこと。

冒頭でも述べたとおり、タトゥーは簡単には消すことはできませんので、「タトゥーを消したい」と思ったら、早めにクリニックに相談されることをおすすめします。

タトゥーを入れていると多くの不利益を被ることに…

欧米ではごく当たり前のタトゥーですが、「刺青=やくざ」のイメージが根強い日本にあっては、いくら「タトゥーはファッション」とは言っても、心理的になかなか受け入れにくいものがあるのも事実です。

特に年齢が上がれば上がるほどタトゥーに対する嫌悪感は強く、就職や出世の際に不利に作用したり、あるいは相手の両親から結婚を反対されるといったケースも珍しくありません。

また、そうした心理的な抵抗感・嫌悪感だけでなく、タトゥーを入れていることによって現実的・実際的な不利益を被ることも少なくありません。

たとえば、温泉・サウナ・プールなどでよく目にする「刺青・タトゥーのある方の入場はお断りします」という注意書きもそのひとつ。その他にも、スポーツクラブなどでも入会を拒否されることが多いですね。

あとはあまり知られていませんが、タトゥーを入れていると、生命保険に加入できないケースがあります。というのも、タトゥーを入れることでB・C型肝炎などの病気への感染リスクが高まるためです。

同じ健康ネタで言うと、顔料の成分が検査に影響を及ぼしてしまうため、タトゥーを入れている人はMRI検査を受けられないこともあります。

体験者に聞く、タトゥーのホントのところ

以上、タトゥーを入れて後悔している女性が非常に多く、クリニックでタトゥー除去のための手術を受ける人が急激に増えている実態について、簡単に見てきました。

ここでは、そうした人たちの「生の声」を集めて、タトゥーを入れて後悔した理由や、タトゥーを除去した後のことなども紹介していますので、もっと詳しく知りたいという方は、以下のページも是非参考にしてみてください。

後悔までも消し去ることができる…タトゥー除去の名医をお探しの方はこちら!

タトゥー除去ならここが安心!東京の名医5院はこちら

PAGETOP