タトゥー除去のお悩み相談所

タトゥー除去に関する疑問について、5つピックアップしています。それぞれ具体的に解説していますので、タトゥー除去を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

タトゥー除去の費用はいくら?気になる施術中の痛みは?

以下では、タトゥー除去の施術に掛かる費用や、保険適用の有無、施術中の痛みや傷跡など、気になる疑問について紹介しています。

サイズが大きいタトゥーでも除去できるの?

施術は、大きいサイズのタトゥーにも対応しています。しかし、肩全体や肩甲骨全体など、大体20cm×20cm以上の範囲にデザインがある場合、費用は高額になります。
このページでは、施術費用の相場や、大きいタトゥーがあることのデメリットについても触れています。

保険が使える病院はあるの?

保険がきかない自由診療の場合、料金設定はクリニックの自由。お手頃な料金に設定しているものから、高額なものまでさまざまです。

気になる保険適用についてですが、残念ながらクリニックでは扱っていません。しかし、なかには保険が使えるクリニックがあるとの噂も。

このページでは、保険適用の真偽や、おすすめのクリニックについても紹介しています。

サロンとクリニックではどちらがいいの?

クリニックの施術だけでなく、サロンでもタトゥー除去の施術を扱っています。施術はレーザー治療で行っていきます。料金はクリニックに比べると格段に安いですが、そのぶん除去効果は低めです。

このページでは、サロンとクリニックの比較や、万が一の肌トラブルに迅速に対応してくれる、クリニックのメリットなどについても紹介しています。

総額でいくらかかるのか

クリニックで行うタトゥー除去法には、レーザー、削皮、皮膚移植、切除手術などがあります。施術によって効果や費用が異なります。

現在、もっとも安く施術ができ、効果が高いとされているのがレーザー治療です。一般には、以下のような料金相場となっています。

  • レーザー…1cm×1cmで5,000~20,000円
  • 削皮…1cm×1cmで10,000円~
  • 皮膚移植…1cm×1cmで20,000~70,000円
  • 切除…1cmで26,000円ぐらい~

また、このページでは、5cm以下、10cm以下、名刺サイズ、ハガキサイズの場合の料金についても説明しています。施術を検討している方は、ぜひとも参考にしてみてください。

治療の痛みと傷跡の状態

クリニックでは麻酔が使用できるため、施術中の痛みはほとんどありません。

さまざまな治療法の中でも、レーザー治療がもっとも傷跡が目立たない施術になっています。

レーザー治療は、麻酔なしでの施術が可能。ゴムではじいたような痛みがあります。痛みに敏感な場合は、麻酔クリームや局所麻酔で対応してくれます。

このページではレーザー治療と合わせて、削皮・剥離法、皮膚移植、切除手術の痛みや傷跡、ケア方法などについて紹介しています。どの施術を受けようか悩まれている方は、必見ですよ!

東京でタトゥー除去!施術にかかる時間はどれくらい?

タトゥーと一言で言っても、染料を皮膚の深いところに入れているのか、それとも浅い場所だけなのか、タトゥーの大きさは?など入れ方によって除去のしやすさが異なります。 また、タトゥー除去方法もレーザー除去や切除法、植皮法、削皮法など様々。それぞれの特徴と合わせて、施術にかかる時間を見ていきましょう。

プライバシーは大丈夫なの?

タトゥーを消したい理由は人それぞれですが、仕事や結婚などを理由に除去する方もいるでしょう。そんな時に気になるのが、タトゥー除去を誰にも知られずにできるかどうか、という点です。タトゥー除去をお願いする際にはキレイに消せるかどうかだけでなく、プライバシーもしっかり守ってくれるかどうかもチェックすることが大切。

タトゥーの彫り師は基本的に除去することはできません。お願いするとすれば、美容外科、整形外科などとなります。治療を受ける際には、個人情報を提示する必要がありますから、プライバシーの観点からは、個人情報の管理がきちんとされているかどうかは、大切な判断基準。

加えて、通院する際に、偶然知り合いに見られてしまった!ということがないように、通院時の周囲の環境や、クリニックの立地などもチェックするといいでしょう。タトゥー除去をする際の、プライバシーの守り方について考えてみましょう。

タトゥー除去治療の痛み緩和のために事前におさえておきたいこと

一度入れたタトゥーを除去する際には、皮膚を切開したり、皮膚の表面を削ったり、痛みを伴う治療を受けることとなります。でも痛みは苦手・・・という方にとって、どうやったら、タトゥー除去治療時や、治療後の痛みを和らげられるかは気になるところかもしれません。

基本的に、痛みを伴うタトゥー除去治療では、麻酔を使って痛みを和らげることができます。ただし、麻酔の種類や麻酔薬によっては、痛みを100パーセント感じないということはありません。

これからタトゥー除去を考えているなら、どんな麻酔の種類があり、痛みを緩和するために、医師に相談するべきこととはなんなのか、詳しく見ていきましょう。

妊娠中・授乳中のタトゥー除去は禁忌!?そのリスクとは?

タトゥーを消したいタイミングは、妊娠して子どもができた、もしくはこれからの子育て生活のためを考えたときなのではないでしょうか。

とはいえ、タトゥー除去は、麻酔を使ったり外科手術が必要だったりすることが多いもの。そのため、妊娠中や授乳中には、ウイスル感染の危険を回避するためだったり、母体に余計なストレスをかけないためだったり、様々な理由で基本的にタトゥー除去治療を受けるのは禁忌とされています。

もしも妊娠中・授乳中にタトゥー除去を受けてしまうと、母体や子どもにどんな影響が出てしまうのでしょうか?リスクや危険について知りましょう。

タトゥー除去ならここが安心!東京の名医5院はこちら

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニック

費用:3,000円~
(QスイッチYAGレーザー 1cm×1cm)


秋葉原中央クリニック

秋葉原中央クリニック

費用:7,500円~
(ピコレーザー 1cm×1cm)


東京美容皮膚科

東京美容皮膚科

費用:98,000円~
(QスイッチYAGレーザー 5cm×5cm)

コンテンツ一覧

PAGETOP